雀鬼流について思うこと

麻雀を長く打っている人ならば、
一度は必ず「雀鬼流」という言葉を耳にしたことがあると思います。
雀鬼流とは、20年間無敗を誇り雀鬼と呼ばれている桜井章一さんが主催している麻雀のことです。

麻雀理論は独特で、
私も若い頃はその著書をいくつか読み、
その理論や考え方を参考にしました。

雀鬼流とは、そもそも麻雀において勝てば良いというものではなく、
4人が4人とも清々しい麻雀を打つということが目的の麻雀です。
ですので、麻雀を始める前のあいさつから、牌を捨てるまでのスピード、
発声から点棒の受け渡しなどがとても徹底されています。

また「第一打にドラを打ってはいけない」などの縛りもあります。

ですので、打つ者にとってはとても厳しい麻雀を強いられることになるのですが、
そうして自分を律することで良い麻雀を打てるようになるということです。

桜井章一さんは超人的なので、
とてもではないがそれを真似することはできませんが、
雀鬼流は独特の魅力がある麻雀だと私は思います。

麻雀ブログ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ