麻雀は余剰牌を出さないように打つ

私が、麻雀を打つときに1番気をつけていることは、
とにかく余剰牌を出さないように、最終型から逆算して打つということです。

麻雀における余剰牌というのは、持っているととても困るものです。
手牌にはまったくいらないにもかかわらず、いつまでも余剰牌を持ち続けていると、
リーチに対して押せなくなってしまうからです。

たとえ自分の手が、マンガン、ハネマンであっても、
余剰牌を抱えたまま手を進めてしまうと、相手から攻められたときに
オリざるを得なくなってしまいます。

ですので、手牌はなるべくスリムにして、
余剰牌を常に作らない打ち方を心がけなければならないのです。
その中でも特に危ないのが、配牌が良いときです。

配牌があまりにも良いと、気持ちのどこかで
「ちょっとぐらい甘く打っても大丈夫」というスキが心にうまれてしまいます。
しかし、自分の手が早いときは往々として相手の手も早い場合が多く、
自分の手牌に余剰牌があるにもかかわらず、3目くらいでいきなりリーチをかけられることがあります。
ですので、1巡目から余剰牌を出さないような打ち方をするのが、麻雀ではとても大切なのです。

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ