実際の麻雀と多くのTVゲームの麻雀の違い

私は麻雀が大好きだ。
しかしながらあまり麻雀をすることができない。
打てる人間を4人集めるのがなかなか難しいためである。
そのため、なかなか麻雀ができない。
そのことを友人に話すとそれならTVゲームの麻雀でいいじゃないかという。
しかしながら私はパソコンやTVゲームの麻雀が大嫌いである。

パソコンやTVゲームの麻雀は、実際にやる麻雀と比べると
麻雀を打っているときに比べて情報が少なすぎる。
まず相手の顔が見えないため、表情が読めない。

次に相手が牌を手にいれたのかどうかがわからない。
他にも力んだとか不自然な動きをしたとか色々な情報が転がっていて、

相手の手の進み、大きさを読み、それに対応することこそ麻雀の大きな要素である。
それができないのである。

これでは麻雀のおもしろみが半減してしまう。
だから嫌いなのである。

技術の進歩のおかげで、
家で無料で麻雀ができるという
昔では考えられない環境が出来上がった。

しかしながらまだたりない。
今後の技術の発展で相手の動作やしぐさ、
顔が見えた状態でできる、本当の麻雀ができる未来を私は待っている。

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ