ツモり四暗刻は積極的にリーチ

私は、いろいろ試行錯誤を重ねた結果、
ツモり四暗刻をテンパイしたときは、リーチをかけ、
よっぽどのことがない限りはどんな形でも和ることにしています。

ツモり四暗刻は、文字通りツモれば役満ですが、
ロンでドラが乗らなければ、基本はマンガン止まりとなり、
その点数は1/4になってしまいます。

ですので、リーチをかけずに他家からのロンはせず、
ツモにかけるという人も多いと思います。
ですが、私は基本的に和り逃しは絶対にしたくない人なので、
その戦法はどうも自分の性に合わないという考えに至りました。

それならば、たとえマンガン止まりになったとしても、
リーチをかけて和り牌が出たらしっかり和るという戦法をとることにしたのです。

ツモり四暗刻の場合、リーチを打った時点で5ハンが確定しています。
さらに裏ドラが乗れば自動的に倍満ですから、役満でなくても十分な和り点が見込めるのです。
ですので、ツモり四暗刻の場合は、積極的にリーチをかけていきたいと私は思っています。”

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ