麻雀のルールについて

私には、できるとちょっと嬉しいリャンハン役があります。
それは何かというと、一気通貫に他なりません。

しかも、それは鳴いた一気通貫ではなく、メンゼンで仕上げた一気通貫です。

麻雀の一般論として、一気通貫と三色同順で迷ったら三食同順を狙えという格言があります。
そのくらい、一気通貫というのは難易度が高いわりに
リャンハン役止まりというなかなか不遇な役と言えます。

それゆえに、そんな不利な状況を打ち破って
メンゼンで一気通貫を仕上げられると、私はとても嬉しくなってしまいます。

さらにその中でもテンションが上がるのが、
一気通貫が手牌で確定している場合です。
一気通貫は大概の場合、和る牌によって一気通貫が
完成するかしないかわからない場合が多いのですが、
ときたますでに完成した状態でリーチを打てたりするときがあります。
そんなときに一気通貫を和れると、
かなりの玄人気分になれますので、私としてはとても好きな役の1つです。

ですので、なかなか難しいのは承知の上ですが、
これからも一気通貫を狙っていきたいと私は思っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ