何切る問題について思うこと

私は、麻雀における何切る問題というものがあまり好きではありません。
何切る問題というのは、簡単な場況と手牌、そしてツモってきた牌が記されていて、
それに対して何切りが正解なのか?を問う、
言わば将棋で例えるなら詰め将棋問題のようなものです。

そういう何切る問題というのは、たいていあれはドラだから切れないし、
これを切ったら三色が崩れるし、これはリーチに通らなそうだしと、
難しい手牌に対してどう打つか?という問題が多いです。

しかし、私はそういった何切る問題に頭を悩ませるくらいなら、
少しでも実戦経験から学び取ったほうが良いと感じています。

何切る問題も、もちろん頭の体操としては良いのですが、
それがいざ実戦で役に立つかと言えばそれは疑問です。

それは、麻雀というのが机上の計算だけでは決して答えをはかることのできないゲームだからです。
それは、ときに考え尽くされたプロの一打よりも、感覚で打った初心者の一打が勝ることもあるのです。
ですので、私はあまり何切る問題には頼らずに、麻雀力を鍛えていきたいと思っています。

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ