ダブルリーチへの対応について

私は、他家からダブルリーチがかかると、
逆に俄然とやる気がわいてきます。それはなぜかというと、
ダブルリーチというのは捨て牌の情報が少なすぎるため、
逆に開き直って思い切りまっすぐに打つことができるからです。

ダブルリーチとは、
1巡目でテンパイしていてリーチを打つことですが、
そのレアな役を和りたいために、
悪型であってもダブルリーチを打つ人はとても多いです。

かくいう私もそんな気質があるのですが、
やはり悪型のダブルリーチというのはそうそう和れるものではありません。
特に、早い巡目で決着がつかない場合は、安牌がどんどん増えていってしまうため、
意外と流局まで耐えられてしまうことが多いのです。

好型のダブルリーチもないこともないですが、
もしもそれで和られてしまったら、それはそれであきらめがつきます。
ですので、ダブルリーチがかかったら臆せず前に進み、
かいくぐって交わしながらこちらが和りを拾うのが、
カッコイイ打ち方だと私は思っています。

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ