合わせ打ちが私の捨て牌選択の基本

誰に教わったわけでもありませんが、
私が麻雀の捨て牌選択において心がけていることは、
他人が捨てた牌となるべく合わせて打つ、
いわゆる合わせ打ちというのを捨て牌選択の基本にしています。

たとえば、第一打で親が字牌の西を切ったとします。
そして私が北家で、西が浮いていたら私も同じように西を切ります。
さらに、言うならば私以外の3人がすべてピンズを切ったとき、
私の手牌でイーマンとイーピンが浮いていたら、
場に合わせてイーピンを切るようにしています。

こういった合わせ打ちをすることのメリットというのは、
一つに捨て牌選択の迷いをなくすこと、一つに場を乱さずに
ゲームの流れを進行させるということ、
一つに生牌を合わせ打ちすることで鳴かれにくくすることなどがあります。

これらは、私が勝手に思い込んでいるだけですが、
特に捨て牌選択の迷いなくすことというのは、
とても大きな意味があります。

麻雀というのは、捨て牌選択に迷えば迷うほど苦しくなりますので、
そうならないように予め自分の中でルールを決めておくのです。
こうして、自分のスタイルを自分なりに築くことが、麻雀で大切なことだと私は思っています。

麻雀ブログTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

麻雀ブログ推奨のネット雀荘登録へ

特典付きの登録方法を解説中
ボーナス
特典付き登録へ⇒>>DORA麻雀<<

このページの先頭へ